求人情報!休診のお知らせ

2017年01月31日

変なものを食べたり、かじったりしていませんか?①

2月12日(日)及び2月26日(日)の診療を臨時休診とさせていただきます。
大変ご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願いいたします。


さて最近、腸閉塞の手術を行いましたので投稿させてもらいます。

腸閉塞とは腸の内容物の移動ができなくなり腸が正常に機能しなくなる病気です。
簡単に言うとなんらかの理由で腸が詰まってしまい、食べたものが流れなくなることです。 

症状は食欲や元気がなくなったり、嘔吐や腹痛を起こしたりします。
様々な原因がありますが特に多いと思われるのは異物による閉塞です。

そんな腸閉塞ですが、つい先日も異物による腸閉塞がありました。

その子はまだ1 歳にもなっていない子猫ちゃんでした。
食欲がなくおとなしく、ずっと吐いているとのことで来院されました。
諸検査により異物により腸が閉塞している可能性があることが判明しました。

しかし、この時点では飼い主さんは特に腸閉塞を起こす物に思い当たる節は全くありませんでした。
 
で、お腹を開いて確認してみると写真 (血が苦手な方のため画像加工しております)のように異物の閉塞が見つかりました。
異物が通ってきたところの腸は拡張しており、詰まっている後ろの腸は正常な細さをしているのがお分かりいただけるかと思います。
腸閉塞のコピー

腸を切開して、詰まっている物を取り出しました。
RIMG2931

物は写真ではわかりにくいですが、フローリングに敷いているジョイントマットの切れ端でした。

よく毟っては遊んでいたそうですが、毎回取り上げていたためよもや飲み込んでいるとは思っていなかったそうです。
まさかこんな物が?と驚かれておりました。

幸いにして子猫ちゃんは手術後はすぐ食欲も取り戻し、数日の入院ののちに帰っていきました。

このように普段何気なく遊んでいる物で、すぐ取り上げているから大丈夫と思わずに、普段から何気なく口に入れている物に気を配り、口に入りそうなものは撤去するように、皆様お気をつけください。
 

ichigoah at 02:22
求人情報!休診のお知らせ